コラム & ブログ Column & Blog

社員ブログ

顎変形症の話

2021年10月12日

先日,数年ぶりに歯科の定期健診へ行ってきました。
数本の虫歯が見つかり,無事に治療が済んだ後。
「矯正って考えたことありますか?」と歯科医に尋ねられました。

私の歯並びはけして良くないものの,子どもの頃に矯正の必要なしと診断を受けていました。
自分でも不都合は感じていなかったので治療はそこで終了。
しかしなんとなく気になった私は,矯正専門医のいる歯科で矯正相談をしてみることにしました。

結論からいうと顎変形症の可能性があるとのこと。

顎変形症とは上下のあごの骨の大きさや形,位置などの異常,バランスの異常などによって生じる状態の総称。
たとえば,下あごのみが大きくなると,顔つきは下あごが突き出た状態となり噛み合わせは受け口になります。
このような状態は下顎前突症といって顎変形症のひとつである,とのこと。
(一般社団法人 日本頭蓋顎顔面外科学会HPより)

上記の例と同じく,私は下あごが上あごよりも大きく,前に突出しています。
そのため歯が噛み合わず,上下の歯に隙間ができる「開咬(オープンバイト)」という状態になっているとのこと。
たしかに思い返せば前歯でものを噛んだことがありません。いかめしを食べるときなどとても苦労し,
世間の人はどうやって食べているのか疑問を持ったことはありました。
今は噛み合っている歯で飲食が可能ですが,当然特定の歯のみに荷重がかかるため,歯の劣化が激しくなり,
しっかりと噛めないことで消化や内臓機能への悪影響も考えられると説明を受けました。

顎変形症は骨格の問題を伴うケースが多いことから,歯列矯正に加えて手術による治療が適切とされています。
下あごまたは上あご,場合によってはその両方の骨を切り,理想的な位置に移動させるものです。

誤解されがちですが,顎変形症は保険も適応されるれっきとした病気です。
最近では元乃木坂46のメンバーも手術をし,その経過を自身のYouTubeチャンネルでレポートしています。
【ご報告】入院・手術することになりました。【顎変形症】【下顎前突】
※リンク先,動画が再生され音が流れます
とてもわかりやすく,参考になります。

私は現在,手術が必要な症例かどうか大学病院で検査している段階です。
もし治療が始まれば,術前矯正から手術,術後矯正の運びとなります。
歯科健診での一言がこんな大事になるとは,正直困惑しています。
とはいえ歯は一生もの。主治医の話をよく聞いて,自分の体にしっかり向き合いたいと思います。

(い)
コラム&ブログ Column 資料室 Archive 制作アプリ Application

Page Top