コラム & ブログ Column & Blog

社員ブログ

冷やし過ぎにご注意

2019年6月25日

今年の梅雨入り,西日本では記録的に遅れていますね。
関東はすでに梅雨に入っており,雨の日が多くなりました。
同時に,雨の合間には暑い日も増えてきて,夏の近さを感じます。

昨年の夏といえば,酷暑……。熱中症の方が続出し,ニュースにもなりましたね。
そんな昨年,深部体温に着目して大塚製薬により開発された,
“飲める氷”「ポカリスエット アイススラリー」は,
新たな熱中症対策製品として大きな反響を呼びました。
(当ブログでも記事にさせていただきました)

昨年は直営オンラインショップでの期間限定販売でしたが,
今春に取扱い先を拡大して販売再開,さらに夏にはより広く流通する可能性もあるとのこと。
水よりも冷却能力を持ち,氷より流動性がある,新たな形態のポカリスエットは,
真夏の心強い味方として,これから一般に普及していくのではないでしょうか。


暑い中での「冷たい食べ物・飲み物」へのニーズは,ますます大きくなっているようです。
日本アイスクリーム協会によれば,アイス市場は10年ほど前から拡大しているのだとか。
この人気をうけてか,ロッテの定番アイス「雪見だいふく」も,
今年から秋冬だけでなく,通年商品としての販売を開始したのだそうです。

また,飲料でも,コンビニで販売される冷凍ペットボトル飲料が普及してきました。
凍らせても膨張しないよう工夫された,冷凍専用のボトルになっているようです。
タオルを巻いて保冷目的でも使用でき,アウトドアや屋外観戦等では今や欠かせないですね。


ただ,熱中症になる心配のない場面での冷やし過ぎにはご注意を。
「冷え性」は,東洋医学による概念のため,熱中症とは対にはなりませんが,
お腹を冷やすと下痢などを起こす場合があることは,体験からよく知られていますね。
詳しいメカニズムはわかっていないものの,内臓が冷えてしまうと,
腸管など消化器官の機能が低下してしまい,腹痛や下痢につながるようです。


これから夏にかけて,熱中症に備えて対策グッズを揃えておきたいところですね。
冷たいものがおいしい季節でもありますが,自戒を込めて,くれぐれもほどほどに!

(す)
コラム&ブログ Column 資料室 Archive 制作アプリ Application

Page Top