コラム & ブログ Column & Blog

社員ブログ

平成最後の一カ月

2019年4月2日

平成最後の一カ月となりました。
昨日,新年号も発表され,5月1日から「令和」(れいわ)となります。

昭和から平成を経て,医薬品を取り巻く環境も様々変わりました。
昭和54年に「医薬品副作用被害救済基金」が設立され,翌年から
医薬品副作用被害救済業務が開始,併せてスモンやエイズ等,
薬害の健康被害救済の業務を行うようになった医薬品副作用被害
救済・研究振興調査機構が,現在のPMDA(独立行政法人 医薬品
医療機器総合機構)の前身です(その他の業務統合・離脱等含む)。

そのPMDAも4月から藤原康弘・新理事長のもと,新体制で多くの
施策が行われます。特に大がかりなものといえば,添付文書の
新記載要領
の取扱いでしょうか。とはいえ,まだ開始したばかり,
昨日の状況としては新記載要領の対応は2件でした(私調べ)。

医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」も
4月から(管轄は厚生労働省/販売情報提供活動の監督部門に
関連する事項は10月から)適用となっています。

医師の働き方も大きく見直され,先ごろ検討会報告がまとめられ
ました。

冒頭の通り,令和は5月1日から。
皇位継承の儀礼に伴う休日の取扱いなどで暦上4月27日から5月6日が
10連休となることから,各自治体に向けた医療の提供体制確保の
ための通知も発出されました(通知はこちら)。

何もなくとも,お近くの医療体制・状況は調べておいた方が
よいかも知れませんね。

年度の始まり,新元号の始まり,そして来年はオリンピック
(少々強引ですが)…

ゆく河の流れは絶えずして しかも元の水にあらず ― の一節とは
また違うかもしれませんが,常に変化する時代に対応していければ,
と思います。

(わ)
最新版,近日お届け予定!(リンクは各旧版〔現行版〕です)
保険薬Plus+
薬価基準 点数早見表
薬効・薬価リスト
診療報酬×薬剤リスト
コラム&ブログ Column 資料室 Archive 制作アプリ Application

Page Top