コラム & ブログ Column & Blog

社員ブログ

夜中に何べんも目ぇ覚めて困ってますねん

2021年9月21日

ここ数年,睡眠障害に悩まされるようになりました。
老化の始まりなのでしょう。
寝つきはいいのですが,夜中に何度も目が覚めます。

思い出されるのが以前,大阪の喫茶店で,
隣のテーブルから聞こえてきた70代と思しき男性二人の会話です。

「最近夜中に何べんも目ぇ覚めて困ってますねん」
「へえ… 何べんも,ってどれくらいなん?」
「そうやな。じゅう…」

えっ 十何回も目が覚めるの!?

びっくりして思わずその男性の顔を見てしまいましたが,
男性は天井をにらみながら続けます。

「じゅう…にじ,にじ,よじ。あと明け方にもういっぺんくらいかな」

そうですよね,いくら何でも十何回はないですよね。

そのときは,年を取るのも大変だな,と人ごとのように思っていましたが,
私も一晩に3回くらい目が覚めるようになりました。
覚めてすぐまた眠れればいいのですが,なかなか寝付けず,
少し寝たところでまた目が覚める,ということを繰り返します。

かかりつけ医に相談したところ,勧められたのが「酸棗仁湯」という漢方。
ツムラさんのサイトによると,
「精神を安定させる生薬で構成」されたもので,
「体力が低下して,心身が疲労している人の不眠の改善によく用いられる」
のだそうです。
そんなに疲労困憊している自覚はなかったのですが,
私にはあっていたようで,面白いように効きました
毎日食前に3回飲む必要がありますが,飲んですぐ眠くなるわけではないので
日中の活動に影響はなく,寝覚めが悪くなるということもありません。

やがて薬を飲まなくてもよく眠れるようになったのですが,
しばらくすると今度は毎晩,やたらと長い夢を見るようになりました。
知らない人が大勢出てくるので,朝目が覚めるとどっと疲れを感じます。

という話をまたかかりつけ医に話すと,
今度はビタミンDのサプリメントを勧められました。

ビタミンD?と不思議に思いましたが,
飲んでみるとこれまた面白いように夢を見なくなったんですねえ。

…とここまで書いて,我ながら「単なるプラセボ効果では?」
という疑念が頭をよぎりました。
とはいえ,いきなり西洋薬を飲むのは抵抗があるという方,
睡眠改善をうたうあまたのサプリメントの中から何を選べばいいかわからないという方は,
まずはビタミンD,あるいはかかりつけの先生に相談して,
漢方を試すというのもいいかもしれません。
ちなみに「酸棗仁湯」は小林製薬さんからOTCとして販売もされています。

秋の夜長,ぐっすり眠りましょう。

(梅)
コラム&ブログ Column 資料室 Archive 制作アプリ Application

Page Top