コラム & ブログ Column & Blog

医療・医薬業界
どーせなら、覚えちゃお!

コラム<どーせなら、覚えちゃお! Vol.96>
Q:経済財政諮問会議って、何するところ?

2016年12月9日

A:
 業界では今、「政府、薬価改定の毎年実施を指示?」なるニュースが走り、注目を集め
ています。詳しく読むと、この「政府」なるものは、経済財政諮問会議を指しているので
すが、ここでいったい何を決め、どんな人達の集まりなのでしょうか?
 経済財政諮問会議は、「経済財政政策に関する重要事項について、有識者等の優れた識
見や知識を活用しつつ、内閣総理大臣のリーダーシップを十全に発揮する」ことを目的と
して、2001年1月に内閣府に設置されました。議長は内閣総理大臣が務めます。「経済財
政政策」と言っても幅広く漠然としているようですが、簡潔に言うと国の予算編成の基本
的方向性を示す組織で、従来の財務省主導の予算編成を官邸主導にするために設置されま
した。最近では、高額医薬品を巡って安倍晋三首相が、薬価制度改革の基本方針を年内に
とりまとめるよう同会議に指示したことで、その結論が注目されていますが、それだけ社
会保障予算の面からも薬価制度改革が重要視されていることの証左と言えそうです。

<さらにくわしく>
 経済財政諮問会議は議長の安倍首相をはじめ、議員に麻生太郎・財務大臣、菅義偉・官
房長官、石原伸晃・経済再生担当大臣、高市早苗総務大臣、世耕弘成・経済産業大臣の経
済担当大臣のほか、民間議員5人で構成されています。議題によっては担当大臣が臨時議
員として参加し、社会保障分野が議題の場合は、塩崎泰久厚生労働大臣が参加します。

 経済財政諮問会議は2001年1月の中央省庁再編の一貫として内閣府が発足し、首相官邸
の権限を強化するために設置されました。とくに、小泉純一郎首相の当時は、同会議を最
も重要な政府の会議と位置付け、予算編成に関して同会議が大枠の方針(骨太の方針)示
し、これによって従来の財務省主導から官邸主導の予算編成にしました。その後、民主党
政権下では、同会議は休眠状態になりましたが、安倍政権によって再開されるようになり
ました。

 政府の予算編成では、国家予算の多くを占める社会保障予算の圧縮が毎年のように焦点
になります。2017年度予算に関しても経済財政諮問会議が「骨太の方針」で3年間に1.5
兆円(各年5000億円)の圧縮を打ち出しました。このため医療保険に関する予算を削減す
るため、厚生労働省の審議会では費用負担の引き上げなどを議論していますが、その流れ
の中で、高額薬剤が医療保険財政に与える影響の大きさから、安倍首相は同会議に「薬価
制度改革の基本方針」を年内に取りまとめるよう指示しました。「基本方針」が示されて
も具体的な制度設計は、厚労省の中医協で検討することになるため、2017年度までに薬価
改定の頻度を含め、薬価制度改革の方向性が明らかになるには、時間がかかりそうです。
コラム&ブログ Column 資料室 Archive 制作アプリ Application

Page Top