コラム & ブログ Column & Blog

医療・医薬業界
どーせなら、覚えちゃお!

コラム<どーせなら、覚えちゃお! Vol.48>
Q:日本の代表的な医薬品卸会社って、どこ?

2016年8月3日

A:
 これもvol.44の「日本の主なジェネリックメーカーって、どこ?」と同じように難し
い質問です。しかも今回は「主な」ではなく「代表的な」だって。・・・同じじゃん。
 医薬品卸には全国展開している卸(全国卸)と、一定の地域で卸業を展開しているい
わゆる地場卸地域卸)があります。・・・が、ここでは全国展開している医薬品卸を、
例によって弊社が制作・編集している「医薬品企業総覧2016」からみてみましょう。

Ⅰ.
 全国展開している医薬品卸として、まずはアルフレッサ株式会社(本社:東京)から。
営業地域は、関東、上信越、東海、近畿、九州で、従業員6482人(2015年3月末現在)
を擁しています。そもそも同社は、東京に本社があった医薬品卸・福神株式会社と株式
会社アズウェルが株式移転により、「アルフレッサホールディングス」を設立、その後、
各地の地場卸を子会社化して拡大し、2004年10月に会社分割して卸売事業のアルフッサ
株式会社と医薬品製造事業のアルフレッサファーマに再編してできた会社です。

Ⅱ.
 名古屋市に本社があるスズケンは、北は北海道、東北から沖縄まで47都道府県を営業
地域としており、医薬品流通のリーディングカンパニーと位置付けられます。従業員は
4787人(同)。創業は1932年(昭和7年)。1959年(昭和34年)に東京支店を開設し、
その後、地場卸の株式を取得するなどして営業地域を拡大させ、2006年に全国展開を達
成しました。関連会社・グループ会社は46社にものぼります。ちなみに社名の「スズケ
ン」は、創業者の「鈴木謙三」氏を由来としています。

Ⅲ.
 東京を拠点とする東邦薬品は、北海道・東北、関東、上信越、東海、近畿を営業地域
としています。従業員は3408人(同)。1948年に創業、2009年4月に医薬品卸売り事
業と調剤薬局事業を子会社に分割譲渡して持株会社制(ホールディングス)に移行し、
商号を東邦薬品から東邦ホールディングスに変更しました。東邦薬品は、医薬品卸事業
の会社として2008年11月に設立されました。

Ⅳ.
 最後はクラヤ三星堂を核に拡大してきたメディセオ。同社は北海道、東北、関東、甲
信越、北陸、東海、近畿を営業地域としていますが、グループ会社を含めると九州・沖
縄を含め全国を網羅しています。ちなみに社名のMEDICEOは、ラテン語のmedico(医
薬を用いる、治療する)、medi(中心の、中央の)、Dice(正義の女神)、eo(動く、
進む)からきています。従業員数は5671人(同)。1923年に設立した三星堂と1949年
設立のクラヤ、東京医薬品が2000年に合併してクラヤ三星堂が発足。その4年後の2004
年4月に地方の医薬品卸と業務提携するなどして「メディセオグループ」を発足させ、同
年10月に「メディセオホールディング」、2005年にはパルタックとの経営統合により、
「メディセオ・パルタックス」に商号変更しました。メディセオは、「メディセオグルー
プの中核」と言えます。

 というわけで、「代表的な」全国卸会社を「五十音順」に紹介してみました。

 しかしこの4大卸会社の名前、カタカナも多くてをすぐに思い出せないんですよね。
ちなみに我が社では、伝統的に「スズメ跡(あと)」と覚えるよう指導されてきました。
スズケン」「ディセオ」「ルフレッサ」「東邦(うほう)」。 ・・・ホントか?!
コラム&ブログ Column 資料室 Archive 制作アプリ Application

Page Top