コラム & ブログ Column & Blog

医療・医薬業界
どーせなら、覚えちゃお!

コラム<どーせなら、覚えちゃお! Vol.42>
Q:医薬品産業の開発費ってどれくらいなの?

2016年7月20日

A:
 先のVol34で「医薬品の生産額」の解説をしましたが、今回は「開発費」のお話で
す。

 製薬企業が医薬品を開発して市場に出回るまでには十数年という長い時間がかかり
ます。総務省の「科学技術研究調査報告」によると、2014年度の医薬品製造業(資
本金1000万円以上)の研究費(人件費、原材料費、無形固定資産の購入費、リース
料などの合計額)は、1兆4953億円で、全産業の研究費13兆5864億円のほぼ1割
を占めています。

 全産業のうち、「製造業」の研究費は11兆7551億円で86.5%を占め、製造業の中
で最も研究費が多いのは「輸送用機械器具製造業」の2兆8447億円、次いで「情報
通信機械器具製造業」の1兆6238億円となり、「医薬品製造業」の研究費は第3位
です。また、売上高に対する比率をみると、学術研究、専門技術サービス業の研究費
(8582億円)は売上高の20.13%を占めて最も高く、次いで「医薬品製造業」の
12.21%となっています。

<さらに詳しく>
 「医薬品製造業」の研究費の内訳をみると、動物実験などの「基礎研究」2894億
円、実用化の可能性を確認する研究など「応用研究」3476億円、基礎研究・応用研
究などから得た製品開発など「開発研究」8583億円で、研究費総額の約6割が「開
発研究」費です。

 「医薬品製造業」に従事する研究者数は2万3400人で他産業に比べて多い方では
ありませんが、1人当たり研究費は6385万円で、製造業の中では最も多く、「運輸
業・郵便業」の6689万円に次ぐ金額となっています。

 また、日本製薬工業協会が毎年作成している「DATA BOOK 2015年」か
ら医薬品産業の研究開発費の年次推移をみると、1975年は952億円となり、その後
も増加を続け1990年5161億円、2000年7462億円、2005年には1兆477億円と1
兆円を突破しました。その後、2009年(1兆1937億円)、2011年(1兆2299億
円)は前年度を下回ったものの、研究開発費は増加傾向にあると言えます。

 というわけで、本日の覚えちゃお!は2つ。
① 医薬品製造業研究費は、1兆5千億円
② 製造業における「医薬品製造業」の研究費は第3位。

ちなみに・・・
 今、ネットで「1兆5000億円」というワードを検索すると、一番目につくのがこ
れです。

「ディーゼル不正問題-フォルクスワーゲン社が約1兆5000億円で米司法省などと
和解。自動車メーカーとしては過去最高額の和解金」


 なんかもう、その金額が日本の医療品製造業開発費と一緒、ということがどうい
うことなのかもよくわかりませんですな。
コラム&ブログ Column 資料室 Archive 制作アプリ Application

Page Top