制作書籍 Books

保険薬事典Plus+

  • 発行

    :じほう
  • 制作

    :医薬情報研究所
  • ブックコード

    :ISBN978-4-8407-4947-3
  • 版型

    :A5
  • 発行日(最新版)

    :2017年4月
  • ページ

    :1080

■薬価本の定番 保険薬事典Plus+の最新版

長らく薬価本のスタンダードとして知られた「保険薬事典」に,最新の情報をPlus+し,より役立つ一冊にしたのが本書です(避妊剤やED治療剤,男性型脱毛症剤等の薬価基準未収載品も一部収録)。

【索引】

単味剤・配合剤ともに製品名と一般的名称(一部通称等含む)の両方を掲載しています。そのため,どちらかの名称しかわからなくても本文ページにたどりつくことができます。 また,製品名と一般的名称を字体の違いで分け(製品名:細字,一般的名称:太字),判別しやすくしています。 一般名処方における業務でも,スムーズに目的の医薬品を検索可能です。

【適応・用法】

オリジナル編集により,成分単位でコンパクトにまとめられているので,同成分内での適応差等,各医薬品の違いをより詳しく把握できます

【その他の薬効】

添付文書に複数の薬効が記載されている一部品目群について,品目が収録されている薬効以外のものを「その他の薬効」として追加しています。

【2色刷り】

本書は黒色赤色の2色刷りとなっており,赤色で記載されている成分や商品名は,官報告示をされて薬価基準に収載されているものです。成分では主に日本薬局方に収載されている医薬品,商品名では銘柄名での収載品目です。一方黒色は官報での告示がないもので,黒字の商品名は統一名収載品目です。
lightbox

■先発・後発医薬品等のマーク

これまでの書籍同様,先発・後発医薬品それぞれで詳細な分類が把握でき,算定における「後発医薬品の数量シェア換算(置換え率)」の対象かどうかが判別可能です。

【基礎的医薬品】

なお,書籍では識別できる記号等は付していませんが,昨年の改定で新たに設定された「基礎的医薬品」について,参考として「資料室」に品目一覧を掲載しました。

「基礎的医薬品」は,対象となる成分については薬価が維持され,「後発品の数量シェア(置換え率)の計算」には含まれません
lightbox
また,システムへの組込み等を想定したデータ「YJコード-シェア換算分類対応表 先発後発情報付」を弊社のデータ販売サイト「医薬情報販売所 -DIYaku(ディーヤク)-」にて取り扱っておりますので,以下のリンクもご参照ください。

「YJコード-シェア換算分類表 先発後発情報付」
購入は販売元HPへ
書籍に関するお問い合わせ よくある質問
コラム&ブログ Column 資料室 Archive 制作アプリ Application

Page Top